「胎児が小さい」と言われ安静にし胎児の成長を祈る!

家族のこと

8月26日で娘は妊娠10ヶ月(36週)になりました。

小柄な娘は、減量しているわけでもなくほとんど太らずお腹も、そんなに大きくありません。

それでも、胎動もあるし胎児も少しずつですが成長しています。

が、ここにきて「胎児が小さい」と言われ安静にし胎児の成長を祈ることになりました。


スポンサーリンク

胎児が小さいと言われるまで

娘は元々皮膚が弱く、小学校時代は洗剤で手が荒れたり汗で発疹ができたり、風邪で処方された抗生剤でしっしんが出たりしていました。

関係ありませんが、車酔いもします。(赤ちゃんの頃からで、おっぱいや哺乳瓶も上手に吸えなかった)

中学校に入ると、ニキビに悩まされました。(この頃は、いじめられたりと大変でした)

社会人になると、ストレスでじんましんが出るようなりました。

この時に、皮膚科でもらった薬を妊娠するまで飲んでいました。

妊娠をきっかけに、漢方に切りかえ今ではじんましんもでなくてなっていたのです。

それが、急に全身にでたらしく土曜日だったこともあり近くの救急病院に行ったらしいのです。

そこで、娘が妊娠しているので産科の医師がいちお診てくれたそうです。

その時に、36週にしては胎児が小さいと言われ、この病院では入院させると言われたらしいのです。

でも、娘は別の産婦人科なのでとりあえず安静にしてくださいと言われたそうです。

通院している産婦人科でも妊娠9ヶ月の頃から、少し小さめだとは言われていましたが他にはなにもありませんでした。

ただ・・

「ちゃんと食べれてる?」

と聞かれたそうです。

娘は、三食きちんと食べているし間食もしているので大丈夫だと言っていましたが、確かにお腹は小さいし娘自体も太っていないんですよねぇ

36週と5日目、病院に行くと先週より少しですが増えていて2000gはあったそうです。

まだ標準(平均推定体重2500g)ではありませんが、先生が誤差が200gはあるし増えているし以上はないので大丈夫です。と言われたそうです。

ホッとしました。

でも、まだ安心はできませんが安静にさせながら手助けをし無事に産まれることを祈っています。

 


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました